映画[ アブラクサスの祭 ]悩める坊さんの教えとは・・ | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< サッカーアジアカップ 日本VS韓国戦 準決勝 | main | サッカーアジアカップ 日本VSオーストラリア戦 決勝 >>
映画[ アブラクサスの祭 ]悩める坊さんの教えとは・・
0
    映画[ アブラクサスの祭 ]をテアトル新宿で鑑賞。

    芥川賞受賞作家・玄侑宗久の同名小説の映画化。ウツ病を抱えるお坊さん浄念をスネオヘアーが演じる。そしてその妻をともさかりえ、お寺の住職・玄宗を小林薫、その妻を本上まなみという芸達者な役者たちが脇を固めている。東京藝術大学で北野武、黒沢清に師事した加藤直輝という新人監督がメガホンをとる。脚本は小林薫主演の[ 休暇 ]を手がけた佐向大。
    あぶらくさすのまつり
    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです


    僧侶の浄念は、福島の小さな町で妻子と共に暮らしている。かつてロック・ミュージシャンだった彼は、音楽への 狂おしい思いからノイズが聞こえるようになり、うつ病と診断されたことがある。何事にも不器用な彼は、法事や説法すら思い通りにいかない。そんなある日、 この町でライブをやりたいと言い出した。彼を温かく見守っていた妻の多恵やよき理解者の住職・玄宗は困惑するのだった。(gooより)

    浄念が良かった。というか、スネオヘアーがサイコーだった。不器用で、陰気くさくて・・・心ここにあらずって感じで生きている浄念さんは、スネオヘアー本人と見事にシンクロしていた。情熱がないといい曲が唄えないように、その役本人にならないと、演ずるだけでは表現できない。ミュージシャンは、ある意味で不器用なアーティストなのかもしれません。

    欲を捨てるために髪を剃った坊さんが音楽に執着してどうする?坊さんなのにそんなに悩んでどうする?という気もしますが、でもそんな人間くさい坊さんだからこそ、学べることがあるはず。

    町の多くの人が浄念のライブを反対するなか、協力的だった漬け物屋の大将・庸平(ほっしゃん。)が自殺。息子の隆太が「どうしてオヤジは死んだんだよ、俺のせい?」と浄念に尋ねると、浄念は、隆太の胸をひとつ叩いて「答えはでません。だからずっと抱えていくんです」と教え諭します。

    このシーンには、浄念の不器用なりの生き様が反映されています。今もなお苦しみ生き続けている彼にとっては、生き方(ライブ)そのものが教えになります。そして映画のクライマックスで行なわれる彼のライブ(生き方)は、そんな教えの集大成なんじゃないでしょうか。
    彼の教えは聞いて理解するのではなく、体感してはじめて心揺さぶられるもの。そう考えればこの映画が、作り手からの明快な答えを出さず、観客の解釈に委ねた作品になっているのは、浄念の教えともリンクしていて、なかなか興味深いです。

    深く重いテーマですが、浄念と奥さん(ともさかりえ)とのコントのような掛け合い、和尚(小林薫)とその奥さん(本上まなみ)の浄念への優しい眼差しが、ほどよいバランスでほんわかした雰囲気を醸し出しています。そして、忘れてはならないのが、和尚が飼っていた老犬ナムの存在。浄念は、死に目に会えなかった父親の姿をその老犬に重ねて、救いを求めます。

    この作品は、不器用な生き方しかできない方に、おすすめします。不器用なりに、懸命に生きていこうとしている主人公の姿に、勇気づけられるものがきっとあるはずです。また同じように悩み苦しみながら生きている人がいるってことを知るだけでも、気持ちが落ち着くかもしれません。重くてツライお話しですが、観終わった後は、必ずやすがすがしい気持ちになれます。ぜひ。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです
    | 映画(日本) | 12:54 | comments(0) | trackbacks(3) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1003743
    トラックバック
    mini review 11548「アブラクサスの祭」★★★★★★☆☆☆☆
    現役住職で芥川賞作家である玄侑宗久の小説を映画化した人間ドラマ。うつに苦しみながらも、かつて熱中した音楽に向き合うことで懸命に生きようとする僧侶と、彼を温かく見守る周囲の人々の姿を描く。監督は、東京藝術大学大学院で北野武、黒沢清らに学んだ新人の加藤直
    | サーカスな日々 | 2011/12/27 2:56 AM |
    映画『アブラクサスの祭』
    【1月9日特記】 映画『アブラクサスの祭』を観てきた。 僕は大体監督で映画を選んでいるが、今回はそうではない。単に予告編に惹かれたのだ。 予備知識は全くなかった。玄侑宗久なんて、名前だけは知っていたけ
    | trivialities | 2011/01/29 7:47 PM |
    アブラクサスの祭
    現役の住職で芥川賞作家・玄侑宗久の同名小説を映画化。うつに苦しむ僧侶が、かつて熱中していたロックに自分を解放する道をみつけ、自らを再生させてゆく様子と、それを見守る周囲の暖かい視線を描いた人間ドラマだ。主演はミュージシャンで『のんちゃんのり弁』などの
    | LOVE Cinemas 調布 | 2011/01/28 11:15 PM |