サッカーアジアカップ 日本VSカタール戦 準々決勝 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う ]佐藤寛子、ファンファタールを熱演 | main | 映画[ エリックを探して ] ケンローチ監督が描くファンタジック・コメディ >>
サッカーアジアカップ 日本VSカタール戦 準々決勝
0
    3-2で、日本の勝利!!

    今日の戦いも興奮しました!あの、あまり感情を表に出さないザッケローニ監督が、日本が逆転して吠えてるんですよ。アジアカップが、こんな面白いことなんて何年ぶりだろう?いや、もしかしたら今までなかったかもしれない。これで僕は、核心しました。日本代表は、間違いなく進化しています。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです


    この試合、日本のペースになったのは、前半でカタールに追いついた後の20分くらい。それくらいカタール優勢でゲームは進んでいた。シュート数も日本は明らかに、カタールより少ないはずです。それでも3得点も決めています。そして、なにより後半はDFの吉田くんが2枚のイエローカードをもらって退場となり、10人で戦っていたんですから。これを日本代表が進化と言わずしてなんというかでございます。

    ほんとに、日本代表はよく持ちこたえました。特にDF陣。内田に代わってスタメンに入った伊野波も、精彩を欠いてましたし、吉田もすぐ短気を起こしてレッドカードを喰らって、崩壊寸前だったDF陣を、長友と今野が献身的な対応でよく乗り切った。

    前線は、香川と岡崎が得意のスピードを活かして、カタールデフェンダー陣をかわしていた。この試合、日本が相手DF陣をきれいに崩して得点を決めたシーンはほとんどなかった。

    前半の得点も本田の浮き球のパスを、カタール選手の裏に飛び込んで岡崎が受けてワンタッチでボールを浮かしてGKをかわすと、最後は香川がヘッドで押し込んでのゴール。後半の同点シーンも、混戦した状況で、こぼれ球を香川がひろい、GKと1対1となり冷静にゴールを決めた。ある意味で、これらは泥臭い得点に近い。ここまでくれば、戦術なんて二の次。アジアカップで優勝したいという執念が勝利を生みます。今回もそんな試合だった。技術面はもとより、精神面でも日本は、確実にタフになっているんです。

    後半長谷部がカタールDFに足をひっかけられても、倒れずに前へドリブルしていくあの姿勢。最後の逆転ゴールに結びついた香川のドリブルもそう。勝ちたいという気持ちが、得点を生み出します。

    ここまできたら、ワールドカップのような「感動」だけで終わらずに、優勝して喜びをわかちあいましょう。さあ次の対戦相手は韓国か、イランか。案外イランがきたりして。25日、TVの前で観戦しましょう。
    | サッカー | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1003069
    トラックバック