サッカーアジアカップ 日本VSサウジアラビア戦 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< サッカーアジアカップ 日本VSシリア戦 | main | 映画[ ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う ]佐藤寛子、ファンファタールを熱演 >>
サッカーアジアカップ 日本VSサウジアラビア戦
0
    試合前は、勝ち点なしサウジアラビアが、死にもの狂いでやってくるんじゃないかと思っていましたが、杞憂に終わったようです。覇気がまったく感じられないサウジ相手で、主力選手が欠けていた日本にとっては次の試合の、いいウォーミングアップになったようですね。

    5対0!

    近年まれにみる、圧勝でした。この試合の2日前ぐらいにTBSの「S1」というスポーツ番組で柱谷哲二と武田修宏がザッケローニ監督にもの申すってな感じで、対談をやっていましたが、ご覧になりました?

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです



    ちょうどシリア戦について話していましたが、今の代表はとにかく得点が取れない!と嘆き、前田が決定的なシュートを外したのを指摘して「あれは、僕らの時代なら決めてましたよ。カズさんならはずさない!」って・・・。「武田、あんたがいうな!」って、反射的にテレビの前でつっこんでしまいました。

    でも、そうだと思うんです。今までのチームなら、このサウジアラビア戦のような試合でも頑張って2点ぐらいしか獲れていないんじゃないかなー。そういうことでは、個々選手の出来不出来もあるでしょうが、確実に選手同士の「あうん」の呼吸ができていて、いくつかの攻撃パターンができつつあるってことでしょうか。

    この試合ではハットトリックを決めたことでもわかるように、とにかく岡崎慎司がキレていて、相手デフェンダーの裏をついて、ゴールを量産してました。しかし、そのゴールが結びつくまでの連携、1点目の遠藤、2点目の香川らパサー(passer) とのアイコンタクトによるタイミングがすんばらしくよかった。あれだけ早い動き出しであれば、デフェンダーも読めきれないんじゃないでしょうか。今回松井の負傷によって、岡崎が先発したわけですが、この試合でいえばそれがドンピシャに当たった。最終ラインをひいて守るチームとの戦いが多かったというのもあるでしょうが、相手デフェンダーの裏に走り込む選手も少なかったように思います。中盤でコンパクトにボール回しをしていると、じわりじわりと相手選手はラインを上げてきます。得点につながりませんでしたが、サイド攻撃や裏のスペースへの走り込みで相手ゴールまで攻め込んだシーンがいくつか見受けられました。ひいて守るカタール戦で、これが通用するかどうか、ひとつの見所ですね。

    岡崎の得点に触発されてか、前田遼一もようやく得点を上げることができましたねえ。ゴール前でセンターリングにあわせて2得点。どちらもサイドバックから、絵に描いたような美しさでゴールを演出していました。後半の得点につながった、途中から出場した伊野波がいい働きをしていました。勝っている試合に途中から入ると、どうしても受け身になりがちなんですが、彼は攻めるタイミングだと思うと、高い位置にポジションニングし、サイドからバンバンゴール前にボールをあげていました。守備も安定していたし、ウッチーよりもいいんじゃないかと・・・個人的には思いました。

    今回、もうひとり挙げておくなら、トップ下に入った柏木ですかね。彼もよかったんじゃないですかー。本田と比べると華奢なんですが、中盤で踏ん張ってボールキープしていたし、彼の効果的なパスが、起点となってゴールにつながったシーンも多かったし。次の試合もスターティングメンバーで、出てくるかもしれません。

    前の試合で気になっていた最終ラインの連携、遠藤の徹底マークにおける対応などは、取り越し苦労だったようです。あとの心配材料は、香川の不調でしょう。ゴールこそないものの、アシストはあるので、徐々にいい状態になっているように見受けられますが、なにぶんいまだ無得点なのが気がかかりです。なにはともあれ今週金曜日、アジアカップ準々決勝のカタール戦、楽しみにみてみましょうか。
    | サッカー | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1002855
    トラックバック