サッカーアジアカップ 日本VSシリア戦 | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ 乱暴と待機 ]覗いてください、わたしの本心 | main | サッカーアジアカップ 日本VSサウジアラビア戦 >>
サッカーアジアカップ 日本VSシリア戦
0
    ちょっと時間があいてしまいましたが、2−1で辛くも日本が勝利したシリア戦。ドーハでの試合で、ちょっと嫌な予感はしていたんですが、まさかこんな事が起こるとは。でも、久しぶりに観ていてこの試合はエキサイティングしましたね。ここ最近では、ワールドカップ以来じゃないでしょうか。もろアウェイの洗礼を受けながらも、粘りある戦いをしてくれた日本代表には、誇りさえ感じてきます。サウジアラビア戦、苦戦すると思いますが、期待はできそうですね。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです




    まずは攻撃面。今回は縦(攻撃)への意識というか姿勢はチームとして格段にアップしていましたね。特に遠藤による縦パスが本田や、前田、松井などにつながり、そこから前線の選手による攻撃が数多く生まれていました。このあたりの攻撃は選手同士で意志統一がされていたんでしょうね。前半は、とにかく遠藤のボールタッチが半端ないくらい多かった。そのため後半は遠藤へのマークがきつくなり、ほとんどシリアのペースで試合は運んでいました。次の試合は、遠藤が封じ込めれた際のオプション攻撃は、考えておかないとダメでしょう。

    あと、最終ライン(デフェンダー)からのロングパスも数こそ少ないですが見ることができました。実際はうっちーや今野ぐらいですが、吉田や長友あたりからの前線へのパスは、もっと欲しいところではありますね。

    シリアの選手は、ボールへのよせや競り合いはスピーディで、かつ強く、ザッケローニ監督が目指している相手からのよせをかわすスピードある攻撃ができていたかはちょっと疑問がのこります。しかし、速攻や連動性のある動きは初戦に比べて、できていたように思えます。最初の得点シーンも、さまざまな選手がからんでの波状攻撃ですもんねえ。

    守りの面では、レフェリーのジャッチ問題はありますが、それを除けば、不安に思う要素はそんなになかったんですよね。まあ、後半はスタミナ切れのあり、危ういシーンは多々ありましたが。シリアのスキル不足というラッキーが大きい点だと思います。サウジはレベルが高いし、身長も高い選手が多いので、次の試合がデフェンダー陣にとっての正念場じゃないでしょうか。

    最後に、個人的に注目していた選手について、触れておきます。まずはFWの前田です。初戦よりは少しのびのびした動きはしていますが、まだどこか周りに遠慮しているような所が見受けられます。後半もようやくエンジンがかかってきた所で、やむなく交代されて・・・惜しい。

    もうひとり、香川が今ひとつ本調子でないような・・・。トップ下あたりにポジションを変えてもいいんじゃないかと思うんですが。

    前田と香川の活躍、そして遠藤がマークされた時の対応、最終ライン(長友、内田、吉田)の連携の、3つのポイントを次のサウジアラビア戦は注目したいと思います。
    | サッカー | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1002370
    トラックバック