映画[ 行きずりの街 ] | アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 映画[ トイレット ]事件は会議室で起こってるんじゃない、トイレで起こってるんだ! | main | 映画[ リミット ]目覚めたら棺の中。はたしてここから、脱出できるのか? >>
映画[ 行きずりの街 ]
0
    映画[ 行きずりの街 ]を丸の内TOEIで鑑賞。

    1992年「このミステリーがすごい」で第1位を獲得した、同名ミステリー小説の映画化。監督は巨匠、阪本順治、主演は、これが芸能生活25周年記念作品となる仲村トオル。他には、小西真奈美、南沢奈央、窪塚洋介、石橋蓮司、ARATA、佐藤江梨子などなどが出演している。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです
    兵庫の丹波篠山で塾講師としてひっそりと暮らしていた波多野(仲村トオル)は、失踪した教え子・広瀬ゆかり(南沢奈央)を追って、12年ぶりに東京を訪れた。そこで待ち受けていたのは、元教え子である元妻・手塚雅子(小西真奈美)との運命的な再会、そしてかつて自分を追放した名門高校が失踪に関与していた事実だった。彼は忌まわしい過去と決別し、再び一人のオトコして新たな人生を歩みはじめるために、事件の背後にひそむ黒い陰謀に立ち向かって行く・・・。

    (このあと、完全なるネタバレ)

    阪本監督の作品というと、ハードボイルドを期待してしまうが、今回は大人のラブロマンスだ。主人公・波多野は教え子ゆかりの行方を追って、12年ぶりの東京へ足をはこぶことになる。そこでかつての妻であり、教え子でもあった手塚雅子と彼女が経営する六本木のバーで再会をはたす。戸惑い気味に言葉をかわす波多野とは対照的に、雅子は冷静な対応をする。しかし、波多野の見えない場所では思い詰めたような表情をし、今もって波多野への思いが打ち消しきれない状況を物語っている。

    波多野が丹波篠山からわざわざ東京まで教え子を探しにきた理由は明かされることなくストーリーは進んでいくが、それが波多野の元妻との苦い経験がそこに横たわっているのが次第にわかってくる仕掛けになっている。

    しかし、驚いた。仲村トオル演じる波多野のダメ男っぷりには。近年、仲村トオルが演じた中で、この手の役は見た事がない。ダメ男といっても、生真面目で、融通のきかないダメっぷりで、これが仲村トオルが持つ実直さにひじょうに合っており、違和感もない。

    わけあって、雅子の部屋に転がりこむ波多野が、シャワーをした後、借してくれた着替えをみて、彼女は男のお下がりの下着やパジャマを出したと思い、大声を張り上げて怒るシーンがある(実際はコンビニで買ってきたものを出した)。これは、まだ波多野が雅子に気がある表れでもあるが、怒鳴るとはね。男が見ても、度量の小さい男なんですわ、波多野くんは。

    ・・・でも、12年たっても変わらぬダメ男っぷりに、雅子は「どげんかせんといかん」という同情にも似た愛情を感じたのだろう。徐々に波多野と雅子のキョリは縮まって行く。

    今回、小西真奈美の演技は注目ですね。ママというのは、若干子どもっぽい気もしましたが、あのベビーフェイスから想像もできないほどの大人の魅力のある女性を演じています。昨年は[ のりちゃんのり弁 ]で周りを巻き込むはっちゃけたシングルマザー、本作では気丈にふるまう元妻と、幅のある演技をこなし、着実に実力をつけているようです。クライマックスに登場するセーラー服姿のコニタンも要チェックです。

    そして、もうひとりこの映画でのキーパーソンは、インテリやくざ役を好演した窪塚洋介くん。個人的には[ 東京島 ]で演じた変態ワタナベよりも、今回の中込がハマっています。凄みはあるが怖さはなく、そして親近感さえ感じてしまう。その空気感はあながち間違いではなく、彼はクライマックスでちょっとしたどんでん返しを巻き起こします。彼の雇い主である、東亜グループ社長兼敬愛女学園の理事長、さらに波多野を学園から辞めさせた超本人である池辺を脅迫するんですね。

    教え子の失踪が、波多野の暗い過去へ結びつく展開は、2時間という尺を考えると、どうもご都合主義的な展開になりがちだが、そこには作られた演出をあまり感じませんでした。たぶん感じさせない演出が随所に施されたいたように見受けられます。たとえば、教え子が働いていたクラブでの池辺のボディーガード大森(菅田俊)との出会いや、昔の学校を訪れた時の木村(佐藤江梨子)との出会い・・・こうした、偶然のような演出が功を奏しているのだろう。

    その割には、クライマックスのアクションシーンは、どうしたんだって感じで、ちょっと目に余るものがありますね。格闘技経験もない、ずぶの素人の波多野がボディーガードを倒すというのは無理にしても、あの教室に木刀が隠されているのは、あまりにも都合がよすぎはしないか。「授業を思い出して」って、木刀を何に使うんでしょうか。さらに元ボクサーという設定の窪塚洋介演じる中込のイタさを感じさせない猫パンチは、見ていてこっちの胸がづきづきと傷みます。大人のラブロマンスにテーマを絞り、小品としてまとまりのあるものになっていただけにクライマックスのアクションは残念だ。

    でも仲村トオルファン、コニタンファンは必見です。

    ブログランキングに参加中!!
    参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです
    | - | 00:03 | comments(1) | trackbacks(6) |
    コメント
    突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
    日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
    なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。
    | 日本インターネット映画大賞 | 2010/12/24 11:57 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohabouz.jp/trackback/1000071
    トラックバック
    行きずりの街
    かつて女生徒・雅子との恋愛スキャンダルで教職を追われ、現在は郷里の丹波篠山で塾講師をしている波多野は、12年ぶりに上京する。 塾の元教え子・ゆかりの祖母が危篤になっていることを知らせようと、連絡が取れなくなっている彼女の住所を訪ねると、そこは麻布の高級
    | 象のロケット | 2011/01/10 3:08 AM |
    映画『行きずりの街』を観て
    10-73.行きずりの街■配給:東映■製作年・国:2010年、日本■上映時間:101分■鑑賞日:11月20日、バルト9(新宿三丁目)■入場料:1,800円スタッフ・キャスト(役...
    | KINTYRE’SDIARY | 2010/12/29 5:23 PM |
    映画『行きずりの街』
    【11月23日特記】 映画『行きずりの街』を観てきた。 僕は大体監督で映画を選んでしまうことが多いのだが、今回の目当ては阪本順治監督ではなく脚本の丸山昇一である。映画館で見るのはいつ以来かなあと思って
    | trivialities | 2010/12/24 12:55 PM |
    『行きずりの街』
    「今夜は『このミステリーがすごい!』について少し喋ってみるかな。 秋の夜長でもあるしね…」 ----あれれ。そんな本読んでいないじゃニャい?
    | ラムの大通り | 2010/12/23 11:49 PM |
    『行きずりの街』 | 小西真奈美の魅力を十二分に引き出した阪本順治監督
    とにかく小西真奈美に尽きます。 間違いなく彼女の代表作のうちの 1本となることでしょう。 小西真奈美だけでなく、 女優陣は総じて素晴らしかったです。 江波杏子の迫力、 ...
    | 23:30の雑記帳 | 2010/12/23 5:16 PM |
    『行きずりの街』
      □作品オフィシャルサイト 「行きずりの街」□監督 阪本順治□脚本 丸山昇一□原作 志水辰夫 □キャスト 仲村トオル、小西真奈美、南沢奈央、窪塚洋介、菅田俊、佐藤江梨子、谷村美月、杉本哲太、ARATA、石橋蓮司、江波杏子■鑑賞日 11月22日
    | 京の昼寝〜♪ | 2010/12/23 11:54 AM |