アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ad
MOBILE
qrcode
仕事もスポーツも現場(試合)感覚が大切
0
    ここ2週間ほど、執筆の仕事に専念していて
    先月まで、3日おきにあった取材に行っていない。


    そして、昨日久しぶりの取材があった。
    案の定というか、やっぱりというか、
    自分の納得のいくようなインタビューができなかった。

    JUGEMテーマ:ビジネス



    続きを読む >>
    | つぶやき | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    映画【 デストラクションベイビーズ 】暴力の恐ろしさとは
    0
      映画【 デストラクションベイビーズ 】@新宿テアトルで鑑賞。

      毎週日曜日10:30〜欠かさず観ている【 ゆとりですがなにか 】。先週上映された第9回、柳楽優弥が演じているまりぶがかっこいいんですわ。親父らしいことが全くできない浮気親父(吉田鋼太郎)に、まりぶは泣きながらぶち当たっていく「しっかりしろよー。オレを叱るのはあんたしかいねぇから・・・・!」

      クドカンのドラマには、未成熟で、ダメダメな人間がよく登場してくるが、素直で、どこか一本芯が通っている。決して、憎めないから共感もしやすい。何より、ドラマには未来があり感動がある。【 デストラクションベイビーズ 】には柳楽優弥の他に、でんでん、北村匠海など共通の役者陣がでているが、【 ゆとりですがなにか 】とは対極にあるような作風だ。

      でもメッセージ性は強くある作品だとは思う。

      ストーリー
      愛媛県のこぢんまりとした港町・三津浜の造船所に2人で生活している芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。けんかばかりしている泰良はある日突然 三津浜を後にし、松山の中心街で相手を見つけてはけんかを吹っ掛けていく。そんな彼に興味を抱いた北原裕也(菅田将暉)が近づき、通行人に無差別に暴行を 働いた彼らは、奪った車に乗り合わせていた少女・那奈(小松菜奈)と一緒に松山市外へ向かい……。(シネマトゥデイ
      JUGEMテーマ:映画
      続きを読む >>
      | 映画(日本) | 00:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
      映画【モヒカン故郷に帰る】純度100%のホームコメディ
      0
        上映最終日、テアトル新宿で【モヒカン故郷に帰る】を観た。

        器用に、さまざまなテイストのドラマが創れる監督もすごいと思うが
        1つのテイストに頑なにこだわり、描き続ける監督がボクは好き。

        【モヒカン故郷に帰る】を手がけた沖田修一監督も、そのひとりである。
        南極料理人】しかり、【横道世之介】しかり。手がけた作品においても、決してユーモラスな視点を忘れない。
        モヒカン パンフレット 松田龍平 前田敦子 柄本明 千葉雄大 もたいまさこ
        JUGEMテーマ:映画


        続きを読む >>
        | 映画(日本) | 12:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
        きさんにも覚悟はあるじゃろ
        0
          行きつけの美容室に新入社員が入っていた。

          ちょうどシャンプーを担当してくれたので、
          どんないきさつで、入ったのか
          詳しく話しを聞いてみることに。

          福岡にある美容専門学校卒業して、
          単身で上京してきたという。

          就職先を決める際には、2週間近くかけて
          東京にある美容室を30社ぐらい回ったらしい。
          サービスに力を入れて取り組んでいるところに惹かれ、
          入社を決めたという彼女。

          就職活動の際には、ぶっ通しではないものの
          何度も往復しながら、2週間近く東京に通い続ける。
          自分が20歳ぐらいの頃って、
          それだけの行動力があったかといえば、まったく自信がない。
          JUGEMテーマ:日記・一般
          続きを読む >>
          | つぶやき | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
          アエラNo.11【まだ学歴に投資しますか?】
          0
            アエラの特集は、子どもの(学歴を持たせるための)教育への投資が、それに見合う高収入(リターン)を得ているのかという調査記事。なぜ親たちは学歴に投資し、それに見合うリターンが得られているのかーー。経済学の理論や手法を教育に応用した『学力の経済学』の著者・中室牧子さんの協力をもとに、アエラ編集部がアエラネットの会員を対象に行なったアンケートから学歴のコストパフォーマンスを検証している。

            新卒採用の際においても、人を客観的に判断する材料として学歴に代わる尺度がない中では、子どもに高学歴に期待するというのは当然なのかもしれないが、中には学歴だけに頼るのではなく、子どもたちがやりたいことを見つける支援を行っている親もいる。

            「大学に行かない選択肢」という記事で紹介されているネスレ日本CEOの高岡氏の娘さんへの教育方針、そして自社での採用方針がとても興味深かった。
            乃木坂46 表紙

            JUGEMテーマ:読書


            続きを読む >>
            | | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
            映画【スター・ウォーズ フォースの覚醒】新たなバディの誕生だ
            0
              ユナイテッド・シネマとしまえんの、IMAX3D版で【スターウォーズ フォースの覚醒】をようやく観た。

              ついにあのスター・ウォーズが3Dで観ることができる。しかし、見どころがそれだけでないのがJ.J.エイブラムス監督。やはり期待を裏切らない。

              JUGEMテーマ:映画

              the force awakens
              続きを読む >>
              | 映画レビュー | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
              勝って奢らず、負けて腐らず
              0
                オンオフをすぱっと切り替えられる人がうらやましい。
                プライベートで調子が悪いと、それは間違いなくビジネスにも悪影響が出てしまう。特に、プライベートも仕事も区別のないフリーランスは尚更です。
                続きを読む >>
                | 映画レビュー | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
                魅力の誘惑
                0
                  最近、なにかと話題の経歴詐称の経営コンサルタントさん。
                  以前、声優の仕事をしていて、あの「インテル、入ってる」の彼の声だとか。

                  モテ男の魅力のひとつに、低音の声っていうのがあるけど、
                  あの声も、彼を狂わせた一つだったんじゃないかなと
                  つい思ってしまうくらい、色気のある声を持っている。

                  賢い人ではあったと思う。だからこそ週刊誌に暴かれるまで
                  虚構とは見破られずに ここまでウソを突き通せたんだろう。
                  続きを読む >>
                  | 人物 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  明日があるさ、明日がある。
                  0
                    「目の付けどころがシャープでしょ。」


                    ボクが、広告の仕事を始めた頃のこのキャッチフレーズを、
                    ポスターやTVCMでよく目にしていた。

                    あれから26、7年経つ。
                    とうとう、あの会社も外資系になってしまう。
                    当時はそんなことは予想もしなかった。
                    諸行無常とはなんとも切なく、恐ろしい。

                    JUGEMテーマ:ビジネス

                    続きを読む >>
                    | つぶやき | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    【スターウォーズ エピソード1/2/3 】アナキン、素直になれなくて
                    0
                      アナキンを演じたヘイデン・クリステンセン。かっこいい。日本でいえば見た目はチャラ男。昭和風にいえば大沢樹生です。この風貌が、プライド高く、素直になれないアナキンにピッタリなんでしょうね。

                      【スターウォーズ エピソード1 ファントムメナス】
                      【スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃】
                      【スターウォーズ エピソード3 シスの復讐】
                      JUGEMテーマ:映画

                      続きを読む >>
                      | 映画レビュー | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/114PAGES | >>