アロハ坊主の日がな一日

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
誕生日はエンジョイしてる!?
0
    嫁と娘に祝ってもらった誕生日。この年齢になると祝ってもらうことが気恥ずかしい。たぶん昔からそういう想いがあるですが、特に年齢を重ねると強くなってきた。でも祝ってくれる人がいるというだけで、ありがたいこと。贅沢な悩みです。

    さぞや、楽しいひとときを過ごしているんだろうと想像している人もいると思いますが、今日も結局、締切間近の仕事に追われ、食事どき前まで、パソコンにしがみつくようにして、終始文字とにらめっこ。

    JUGEMテーマ:家庭



    続きを読む >>
    | 日常 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    まさかの話
    0
      孫に会うために、奈良から上京してくれた79歳と77歳。

      11時に東京駅へ一人で迎えに行き、東京大丸の12階にある
      いつものうなぎ屋で、二人が楽しみにしているランチを食べた。

      二人とも基本的には元気なのだが、年齢を重ねると、あちらこちらにガタがきていて
      ご飯のおともは毎度病気の話になる。

      大腸ポリープはどんなのが見つかったか、腎臓は元気か。
      人工膝関節の調子はいいのか。動脈瘤はどうなっている。胃がん手術の経過はどうだ・・・


      JUGEMテーマ:家庭



      続きを読む >>
      | 人物 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
      書籍【 笑いの科学株式社 】京大卒の元吉本芸人のビジネスノウハウがつまった小説
      0
        今やその面影もないですが、学生時代は「お笑い」サークルに入って「お笑い」を半分本気で取り組んでいました。でもお恥ずかしいくらい才能がない。ネタはそれなりにできても、他ができない。

        とくに、アドリブがきかない。

        ほんとに致命的です。当時、夏祭りやイベントなどでMCを頼まれたりしたのですが、2度と呼ばれることはありませんでした。でもなんだかんだ言ってもサークルですから、酒を飲んで、麻雀して、女子と一緒に時間を過ごせれば、それでよし。だから、サークル内にお笑いを真剣にやっている人なんて、ほとんどいません。そのなかで、面白さと上手さで群を抜いていた人がいました。『夏川立也』。僕の一つの上の先輩で、【 笑いの科学株式社 】の著者でもあります。
        bible of comedians

        続きを読む >>
        | | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
        朝型生活がホントにいいの?
        0
          睡眠負債ってご存知ですか?

          日々の睡眠不足が身体に借金のように蓄積されて、日々の生活の質はもちろん、仕事のパフォーマンスも低下させてしまう状態のことです。この負債が続くと、生活習慣病につながります。

          僕も睡眠負債まではいかないものの、睡眠時間が少ないと、自律神経のバランスが見事に乱れ、「アトピーの悪化」「下痢」などの症状が出てきます。昨日は、老いに近い症状が現れ、ひとり落ち込みました。

          JUGEMテーマ:ビジネス


          続きを読む >>
          | ビジネス | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
          映画【 泣き虫しょったんの奇跡 】皆の想いを力に変えてプロ棋士になる
          0
            ブックライター塾でお世話になった上阪さんがインタビューした記事を読んで、面白そうな映画だと思い、観てきた。

            その記事とはこちら。

            「将棋を憎んでいた…」。そう語る奨励会出身異色の映画監督【豊田利晃】が20周年の節目に選んだテーマは奇しくも「将棋」だった

            映画はサラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司五段の自伝的作品。小さい頃から夢だったプロ棋士を目指し、プロ棋士養成機関である奨励会に入ったものの、年齢制限の壁(瀬川氏は満26歳の誕生日を含むリーグ終了までに四段に昇格できなかった)にぶつかり、一度は自分の夢を断たれてしまう。しかし、アマチュアとして将棋を触れることで、改めて将棋の楽しさ、面白さを実感し、次第にアマの大会を制覇。そして、周りの人たちの薦めや応援により、35歳で再びプロになるための闘いに挑戦し、念願の夢を果たす。

            JUGEMテーマ:映画


            なきむししょったん
            続きを読む >>
            | 映画(日本) | 11:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
            失敗と成功を分けるのはナンセンス
            0
              約1ヶ月前に、ビジネスで活かせる話し方についてのノウハウを聞くために、落語家さんに取材しました。お相手は、故・立川談志師匠の18番目のお弟子さんとなる立川談慶師匠。立川一門に入る前は、大手下着メーカーに勤めていた経験から、修行時代は「立川ワコール」という前座名でした。

              ウェイトトレーニング歴10年というだけあって、落語家さん離れしたガッチリした体格に、最初は僕も圧倒され気味でしたが、立川流らしい、歯切れのよさと毒舌トークに次第に気持ちもほぐれ、段々と引き込まれていきました。

              立川談慶 立川ワコール
              続きを読む >>
              | ビジネス | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
              夢を叶える方法を教えます!
              0
                友人の編集者にご紹介いただき、渋谷のBOOK LAB TOKYOで行われた著者イベントのレポートを書きました。著者は女性起業家の成井五久実さん。28歳で起業という目標を達成し、今は大手PR会社のグループ子会社の代表取締役社長です。

                成井さんのお話を聞いて「夢を叶える」というのは、公言するのも大切だけど、それ以上にどれだけその夢の実現のために、こだわりをもって行動し続けられるか。それが肝だと感じました。


                JUGEMテーマ:読書



                続きを読む >>
                | ビジネス | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
                夜中の闖入者
                0
                  昨日は、自宅にいても仕事に集中できないほどの激しい雨風だった。暴風のせいで、インターホンがたびたびなり、しばらくはその原因がわからず相方と人影のない玄関に恐怖でおののいいていた。

                  JUGEMテーマ:日記・一般



                  続きを読む >>
                  | つぶやき | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  7ヶ月もたてば親父なんて
                  0
                    はやいもので娘が生まれもう7ヶ月。つかまり立ちはもちろん、ハイハイもできるようになってきました。

                    それは、それはとても活発で、目新しいものを見つけると、なんでもぐちゃぐちゃに破ったり、ナメナメおシャブりしたり、すごいときは2本しかない歯で、噛みちぎります。その上、危険なところにもずんずん突き進んでいき、あちこちぶつけて、生傷も絶えません。でも、意外とビックリした顔をするだけで、泣かずにケロッとしています。
                    風船とまい上がる少年『あかいふうせん』
                    思いの外強いです、彼女は。
                    続きを読む >>
                    | 日常 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    映画【 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 】探偵は依頼人を守らなきゃいけないんだ!
                    0
                      日本一オモロイ俳優と日本一カモクな役者のバディ・ムービー。劇場で上映した当時は、このキャスティングにどれだけ心を惹かれたことか(でも結局は目の前の仕事に忙殺され、観ることができなかった)。

                      そして、あれよあれよとシリーズ化され、気がつけばもう3作目。累計で200万人超の観客が観ているという、本当にすごい反響だ。配給を担当している東映も「今後もシリーズ化を継続していくつもりだから、あとは主演2人の意欲次第です」というほどの大きな期待を寄せている。

                      このシリーズの人気ぶりは間違いなく、主人公の探偵を演じた、洋ちゃんこと大泉洋の存在が大きい。なにせ舞台は日本最北の歓楽街ススキノである。「北海道150年で最も功績があった人は?」という調査でも、洋ちゃんは数々の大物を退けて第9位に食い込むほどの、地元では圧倒的なバリューをもっている。多くの北海道民がこの作品を観たことだろう。

                      さらに彼は、今やもう全国区のタレントである。彼の舞台挨拶を見るとわかるが、どんな出演者とも良好な関係を構築し、出演者のちょっとしたエピソードを交えながら、緩急のあるツッコミを入れて、確実に笑いへと昇華していく。相手のキャラによって掛け合いを変えていくトーク術は、まさに天才である。

                      作品を観にきたのではなく、洋ちゃんのトークを観に来たという人がいてもおかしくない。それくらい、彼の話は観る者みんなを楽しませるのだ。

                      日の丸飛行隊 冬季オリンピック札幌大会
                      続きを読む >>
                      | 映画(日本) | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/115PAGES | >>